秋田県現代詩人協会ブログ

船木仁氏

NHK深夜便で船木仁氏を放送したが、船木仁氏について、「ギャラリー ときの忘れもの」で紹介していた。この中で紹介している詩集は、みたことがなかったもので、さっそく、昭和詩年表に追加させてもらった。
  1. 2017/04/05(水) 21:48:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田の詩祭2016開催

10月16日(日)、協働大町ビルで「秋田の詩祭2016」が行われました。
60名近い参加者は、熱心に講師の話や朗読を楽しみました。


午前の部「詩の講座」、右から田口映さん・かなさん・吉田慶子さん。

_IGP1881web.jpg
「詩の講座」、高校生の詩の朗読

_IGP1898web.jpg
「詩の講座」、朗読する成田豊人さん

_IGP1929web.jpg
午後の部「講演」の藤田晴央さん

_IGP1930web.jpg
午後の部「講演」の藤田晴央さん

_IGP1943web.jpg
本城ななさんのすてきな演奏

_IGP1960web.jpg
自作詩朗読のあと、ハーモニカで、ノーベル賞のボブ・ディラン「風に吹かれて」を演奏してくれた雄鹿さん。
  1. 2016/10/17(月) 00:01:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田放送「ごくじょうラジオ」に出演

10月13日午後1時からの秋田放送ラジオ「 ごくじょうラジオ関向良子マティログ」に、吉田慶子副会長と事務局横山が出演、こんどの「秋田の詩祭2016」の宣伝をしてきました。

この「マティログ」って何だと思ったら、
「Matirog ( マティログ、本名: 北嶋 友暁 (きたしまともあき) )1978年4月23日生まれ、秋田県秋田市出身。1997年4月から10年半の間、埼玉にて、イベント企画/音楽活動/ライブ活動/司会業 などを行う。2007年10月より、出身地の秋田に戻り、地元に根ざした活動を行っている。」と、ブログにありました。
  1. 2016/10/13(木) 23:57:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出版を祝う会(20151213)

遅くなりましたが、去年2015年12月13日に行われた「詩集出版を祝う会」をアップします。
亀谷健樹詩集『杉露庭のほとり』と、矢代レイ詩集『水を生ける』の出版と、佐々木久春氏の「第5回秋谷豊賞・詩鴗賞」受賞をお祝いしました。
写真左から、亀谷健樹氏、矢代レイ氏、佐々木久春氏
_IGP9860_convert_20161001135500.jpg

_IGP9885_convert_20161001135427.jpg



  1. 2016/10/01(土) 14:07:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『秋田県現代詩年鑑2017』原稿募集

『秋田県現代詩年鑑2017』の原稿を募集しています。(会員、非会員は問いません)

①詩の原稿

  1行22字以内、40行以内(一頁上下二段)
  A 氏名  B 題名  C 本文6行目から
  締め切り 2016年10月31日(期日をお守り下さい。)
  送り先 〒010-1604
      秋田市新屋松美町5-6 横山方 秋田県現代詩年鑑係(電話018-863-2681)

 ☆参加費 5千円(郵便振替口座02550-1-7563、加入者名/秋田県現代詩人協会)。あらかじめ振り込みが必要です。

 ☆どうしても40行を超える作品(2頁にわたる)を掲載したい方は、事務局にご連絡ください。ただし超過掲載分5千円をご負担いただきます。

 ☆詩は、既発表、未発表は問いませんが、1年以内に創作したものに限ります。

 ☆原稿は、コピーをとって生原稿をお送りください。コピーだと文字がみえないことがあります。(著者校正をお願いする場合があります。)

②年鑑の参考資料

 ☆著者の略歴を掲載します。住所、氏名のほか、①生年(西暦)②出身(市町村名)③所属詩誌(2誌以内)①代表詩集(2冊以内)を明記してください。

 ☆年度内における「秋田県の詩の動き」を掲載しています。その参考とするため、詩集出版、受賞、アンソロジイ(選集)への参加、さまざまな詩的イベントの開催や参加(期日、時間、場所等も)など、会員各位のかかわった詩的ニュースをお知らせください。

  取捨選択は編集委員会にご一任願います。

                                 秋田県現代詩年鑑編集委員会
  1. 2016/09/29(木) 00:00:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ