秋田県現代詩人協会ブログ

詩の小径6月17日(土)

鎌鼬美術館

 今年の詩の小径は、6月17日土曜日、羽後町の鎌鼬美術館を訪れました。
 鎌鼬美術館は、秋田市出身の暗黒舞踏家土方巽(1928~86年)が被写体となった写真集「鎌鼬(かまいたち)」(69年刊)の撮影地、秋田県羽後町田代に、土方の没後30年を機に開館したもので、旧長谷山邸の一角にあり、土方巽を顕彰するものです。
 美術館では写真集に収録した作品10枚や写真集の初版本、関連ポスターなどの資料計約50点を展示しています。詩人三好豊一郎の手紙も展示されています。

 鎌鼬美術館を見学したあと、昼食は、古い民家を活用した手打ち蕎麦の「格山」で、蕎麦名人高橋氏の孫弟子のつくる「冷やがけ蕎麦」を食しました。その後、旧長谷山邸を見学、抹茶をいただきながら、恒例の詩の朗読を行いました。
その後「端縫いの郷」へ。

 集合写真は、羽後町の広報の方が撮影してくれたものです。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 23:22:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<寺田和子さん、秋田市文化選奨受賞 | ホーム | あきたの文芸50周年記念文芸講座、寺田和子事務局長が詩部門講師に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sijinkyokai.blog.fc2.com/tb.php/119-7fbdebf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)