秋田県現代詩人協会ブログ

秋田の詩祭2011 詩表現を楽しむ集い その1


「秋田の詩祭2011 詩表現を楽しむ集い」が11月13日、秋田市の大町ビルで開かれました。
講演に先立ち、詩の朗読があり、その後、「詩の朗読&ギターの調べに歌声とオカリナを乗せて」と題してのミニコンサートが行われました。
演奏は、紙ひこうき(詩の朗読 平塚鈴子さん、オカリナ演奏 湊由美子さん)&ギター・歌の小笠原和成さんで、「未来へ(秋田内陸縦貫鉄道ソング)」がギター・歌・オカリナ、「G線上のアリア」がオカリナ演奏、「津軽平野」がギター・歌・オカリナ、など、10曲演奏され、途中、歌声タイムとして、会場の人と、「旅愁」「冬の夜」を合唱しました。
また「いのちの理由」では、湊さんがフルートも演奏してくれました。
参加者は50人以上で、いつもより多くの人が集まってくださり、狭い会場ながら、楽しんでくれました。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/15(火) 00:42:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋田の詩祭2011 詩表現を楽しむ集い その2 | ホーム | 詩の問題をつくってみました(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sijinkyokai.blog.fc2.com/tb.php/11-27348a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)