秋田県現代詩人協会ブログ

おそまつな、東北近代文学事典(勉誠出版)

事務局・横山の個人的な意見としてかくことにする。

吉田事務局長が購入したというので、だれが載っているかと借りてきてびっくりした。
坂本梅子の詩集が、処女歌集、第二歌集、となっていたり、沢木隆子の「ROM」を処女詩集と書いたり、処女歌集と書いたり、でためらがすぎる。書いたのは、佐藤香。だれなのかわからないが、こういう記述を見ると、誤植以前の問題で、書く資格が無い人だとわかる。どうすれば、こんなにでたらめが書けるのか。直接、原本に当たることもなく、だれかが書いたものをそのままうつしたのだろう。(もっとも、原本に当たるといっても、無理もあるが)

それに、その作家について詳しいとか、秋田に住んでいるとか、全部そういう人が書いたものでもないようだ。人物をリストアップして、書き切れないものを、日本近代文学会東北支部員に割り振りしたのだろう。だから、その作家に興味が無くても、割り当てられて書いた人もいるだろう。興味がなくても、実力と資料があれば、そこそこは書ける。

秋田なら秋田をだれが総括しているのか。出版社が依頼して、あとはしらんふりか。編者としてあがっているのは秋田では高橋秀晴。千葉治平の『山の湖の物語』を秋田文化社刊としている。正しくは、秋田文化出版社である。この程度で編者なのか。(秋田文化出版社と、秋田文化出版の間違いは、だいぶある。べつに、小生がそれらに関係したからいうのではない。奥付をみればわかるだけのこと。それが事実というものだろう。)
詩人なら、執筆している人で、秋田の詩人に詳しい人にみてもらえばすんだはなしだ。それすらもしていない出版社の質も問われるだろう。

秋田市史の詩史を書いたのは斎藤勇一氏。このときも、一人で書いたので、間違いがいろいろあったようだ。斎藤氏の知り合いが、見せてくれればチェックしたのに、といっていた。

まして、秋田とは関係のない?人が書くのである。こわいとは思わなかったのだろうか。

ちなみに、記載詩人をあげておく。
稲村容作・越中谷利一・奥山潤・押切順三・風山瑕生・菊岡久利・北本哲三・小坂太郎・坂本梅子・佐藤英麿・沢木隆子・柴田正夫・竹内瑛二郎・武田亜公・畠山義郎・藤田励治・堀井梁歩・本郷隆・松田解子・森原智子・柳原真砂夫・吉田文憲・吉田朗・米屋猛 


スポンサーサイト
  1. 2013/06/28(金) 20:58:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1

詩の小径2


北欧の杜パークセンター内、お食事処「杜のおにぎり屋さん」での、食事と詩の朗読を終えた後、畠山義郎氏の詩碑の前で、記念撮影。
この後、成田為三音楽記念館へ。室内で暗かったので、写真はぶれまくりでした。
  1. 2013/06/10(月) 18:37:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩の小径


今年の詩の小径は、「第29回国民文化祭・あきた2013 現代詩フェスティバル プレイベント」と称して、「北の風土・詩作の旅 詩の小径~文学散歩」ということで、北秋田市の北欧の杜公園パークセンターを会場に行われました。
春日昭人氏のギター演奏の後、ギターをバックに詩の朗読を楽しみました。写真は、寺田さんです。
  1. 2013/06/10(月) 18:35:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0